ストレス

ストレスを感じることで、人間の体は様々な症状を起こします。頭痛、肩こり、睡眠不足などがあります。
特に症状が出やすい臓器が、胃です。
食欲不振、胃痛など心理的なことと、胃は非常に近い存在なのです。ストレスを受けやすい臓器なのです。
このような症状は、ストレス性胃腸炎の病気が原因です。
多くの人がストレス性胃腸炎になると、胃薬を飲んだり、食事を控えたりしますが、実は放置しておくと悪化する可能性もある怖い病気なのです。

自律神経とは、無意識で体が勝手に調整される神経のことです。発汗による体温調節などが自律神経になります。
ストレス性胃腸炎になった場合、症状が出ているのにも関わらず放置すると、ストレスによる症状が体に更に広がっていき、今度はこの自律神経にも支障をきたしてしまうのです。
無意識で行っていた体の調整ができなくなり、悪い症状が現れてくるのです。

胃というのは、ストレスだけではなく、喜怒哀楽にも反応します。
ネガティブな気持ちになっている場合には、胃は縮んでいますが、逆にリラックスしている時には広がっています。
気持ちの変化によって変化する胃ですが、過度なストレスを感じて必要以上に縮むと、他の神経や筋肉を引っ張ることになってしまいます。そのため、腹痛や痙攣などを起こしてしまうのです。

他にも、過剰な胃酸分泌や、運動機能の定価、視覚化便など様々な症状があります。
ですから、ストレス性胃腸炎になった場合は、胃薬だけで済ませるのではなく、病院に足を運ぶことも大切です。

ページのトップへ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加