早期発見

早期発見する事が、何よりも大切です

乳がんは、何よりも早期発見が一番重要になってきます。悪化してしまいますと、取り返しのつかない事になってしまう可能性がありますので、注意が必要です。ですが、健康診断でも、マンモグラフィなどのがん検診は、追加で有料になってしまうために、なかなか受けない人が多いですよね。 特に若い女性などは、身体が健康だから、有料でオプションをつけなくても大丈夫だと思っている人が多いのですが、そうする事で、悪化してしまってから乳がんが発覚するといった事もあるのです。 出来る限り乳がん検診は、一年に一度でも定期的に受ける事をおすすめ致します。そうする事で、早期発見をする事が出来ますので、何かあった時に、直ぐに対処をする事が可能なのです。

マンモグラフィで、きちんと調べよう

乳がん検診に欠かせない、マンモグラフィは、とても痛いのであまり受けたくないと思う女性も多いでしょう。ですが、乳房のX線撮影をする為に、マンモグラフィはとても大切な検診です。多少の痛みはありますが、1年に1度だけだと思って、我慢して受けましょう。 マンモグラフィを受ける事で、乳がんの初期症状の一つである、石灰化や腫瘍を発見する事が出来ます。また、過去に受けたフィルムと比較をする事で、乳房の中の小さな変化をチェックする事が出来るのです。 会社の健康診断で、有料のオプションをつけたとしても、大体5千円程度で受けることが出来ます。もちろん、それ以上のお金をかけて、もっと細かく調べる事も可能です。有料だから受けたくないとは言わずに、出来る限り毎年積極的に健康診断でマンモグラフィを受けるようにしましょう。

ページのトップへ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加